医師とカウンセラー

医師からのカウンセリング

精神科医師と臨床心理士

精神科にかかる人によくあることなのですが、カウンセリング等の心理療法をするのは医師だと思うことあるようです。勿論、そういう場合もあります。しかし、精神科医は基本的に、患者の症状を診て、薬を出すことが基本的な役割となります。カウンセリングや心理療法、或いは心理検査を行うのは臨床心理士の仕事となります。臨床心理士のカウンセリングを受けるには多くの場合、担当医の指示を得なくてはなりません。医師からのカウンセリングを受けたいと言っても、その人の症状や重症度によってはカウンセリングを受けられない場合もあります。また、仮にカウンセリングを受けることとなっても、薬のことを臨床心理士に伝えても仕方ありません。先述したように、薬のことは担当医の専門だからです。

精神科の医師の業務について

精神科の医師は、症状から病名をつけ、薬を処方するだけが業務ではないです。患者の声に誠実に耳を傾け、患者の不安や悩み事を解消し、精神を安定させる事も大切な業務です。精神科医は、患者やその家族等とコミュニケーションを取りながら服薬の量を減らしていく事も大切な業務です。長期間にわたって服薬を続けた場合、依存症等は生じ、患者が新たな苦しみを味わう事になるからです。画一的、機械的なケアを行うのではなく、患者の状態に応じたケアを行う事が重要です。また、患者の状態に応じて臨機応変に対応するようにします。家族との連携や彼らのケアも重要な業務です。

© Copyright 医師はその専門性が大事. All rights reserved.