誰がいい医師なのか

医師はなぜ先生なのか

医師は「先生」と呼ばれる仕事

「先生」と呼ばれる仕事はたくさんあります。医師ももちろんそうですが、小学校・中学校・高等学校・大学・幼稚園・保育園、そして、病院の医者や歯医者、弁護士や国会議員もそうです。また、趣味の教室で教える人もそう呼ばれます。社会人でなくでも、教育実習や学生の家庭教師や塾の講師もそうです。先生とは、学問や技術・芸能を教える人で、自分が教えを受けている人、師匠のことで、教師・師匠・代議士など学識のある人や指導的立場にある人を敬って使う言葉なのです。医師は、病気だけではなく、生活や人生を含めて、人間として完成された人格者であるべきなのです。命を扱う仕事だからです。

良い医師の先生になるには

ここでは良い医師の先生になるにはどうすればいいのかについてお話します。患者さんから見て良い先生ですと評判も高くなりますし通ってくれる患者さんも多くなります。そこでどうすればいいかですが、患者さんとコミュニケーションをしっかりとり、患者さんの悩みを親身になってきくという事です。決して治療だけに専念するのではなくて、患者をしっかり見てそして言葉を使用しながら診察、治療をしていく事により患者から慕われる良い医師になれるという事です。治療だけできてもだめで、言葉を交わして信頼関係を築いていかなければならないです。

© Copyright 医師はその専門性が大事. All rights reserved.